「’きなっせ’ 九州、熊本へ」 2019年4月 熊本県立劇場コンサートホールにて開催

ご挨拶

JAMCA熊本によせて

2019年JAMCA熊本 実行委員長
デメーテル男声合唱団 代表 岡本秀一郎

 

 

JAMCA団員の皆様、はじめまして。いつもJAMCAの皆様には大変お世話になっております。厚く御礼申し上げます。熊本のデメーテル男声合唱団の岡本と申します。

この度は、JAMCA理事団体、監事団体、本部事務局の皆さんのご支援を受けて、2019年4月7日(日)に九州・熊本の地に於いて、第24回JAMCA演奏会を開催する運びとなりました。

この演奏会は2016年4月14日~16日にかけ熊本地方を襲ったマグニチュード7.3の未曾有の「熊本地震」から3年目に当たり、地意復興支援を目的として、全国からJAMCA団体会員及び個人会員を募集し、尚且つ、九州地方の男声合唱の皆さんにも呼びかけを行い、男声合唱を愛する人々を集結して進めて行くものです。

又、今回の主幹団体(デメーテル男声合唱団)の創立70周年に当たることから、借越ではございますが「デメーテル創立70周年記念事業」としても運営に取り組ませて頂きたいと思います。

尚、JAMCA熊本を開催するに至った経緯は、「熊本地震」1年目の節目(2017年4月)に「東海メールクワイアー」都築会長からの呼びかけで、「熊本地震犠牲者追悼コンサート」を提案され、デメーテルとの共催で「高田男声典礼聖歌による熊本地震犠牲者追悼コンサート」を開催しました。東海メールの皆さんを始め、仙台(元寺教会)、弘前メンネルコル、やまびこ男声、九州は大分(南蛮コール)、長崎アカデミーコル、長崎長与教会、宮崎(フルトン男声)、熊本日独協会合唱団、等々総勢約90名の参加を得て、あたかもミニJAMCA演奏会ていを実現し、素晴らしい演奏と、聴衆から深い感銘と感動を伝えられました。

その演奏会の打ち上げ会の席で、都築会長とJAMCA鈴木事務局長より「JAMCA熊本」の打診がありました。演奏会感動の余韻と共に、JAMCAの理念である、「日本の男声合唱活動の振興と全国各地の男声合唱を愛する人々との親睦を深める」意味からもその申し出にお応えするべく、JAMCA熊本演奏会を決断致しました。

そのことから、九州合同は「熊本地震犠牲者追悼コンサート」を再現し、全国の男声合唱団も集結したステージとし、又、全国合同は熊本の人々を元気づける「熊本県民謡」メドレーで当地の踊り手も加えた楽しいステージで締めくくりたいと思っています。

さりながら、このような全国規模の演奏会の運営は初めてのことであります。JAMCA事務局の鈴木事務局長さんをはじめ、皆様のご指導を仰ぎながら、今まで実績のある合唱団の資料やご助言を頂き準備を始めたところであります。

参加される皆様には「熊本で歌えて良かった」「JAMCAに加盟したい」等の声を頂けるよう、又演奏会を鑑賞に来られた聴衆の皆様には、「熊本復活」の希望と勇気を持って頂けるような、そんな演奏会にできたらと祈念しております。

今は熊本地震から1年8ケ月、まだまだ復興の途上にありますが、記念すべき演奏会になります様、皆様、是非熊本の地にお出かけください。そして皆で楽しく高らかに歌い親睦を深めましょう。
まずはJAMCAの皆様へのご案内とご挨拶とさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © JAMCA 2019,Kumamoto All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.